携帯はアルバイト
ホーム > 前立腺炎 > 前立腺炎で避けたほうが良い生活習慣とは?

前立腺炎で避けたほうが良い生活習慣とは?

慢性前立腺炎の主な要因には、シゴトや乗り物で長い時間をとおして座り続けている事や、飲酒や冷え、それに疲労・ストレスなども無関係ではありないでしょう。

 

 

 

単車やチャリンコに乗る事は、なるべく控えるのが無難です。休みをきちんと取って、ストレスを貯めない事も大事です。加えて飲酒やタバコ(コロンブスがヨーロッパに伝えたそうです)など体の抵抗力を落とす事になる習慣は改善を心がけましょう。

 

 

前立腺マッサージをすることで前立腺の働きは改善され、排尿が楽になります。

温熱療法とは前立腺を温める療法で、前立腺の機能を向上指せる働きに期待がもてます。

 

 

加えてのぼせない程度に時間をかけて入浴をして下半身を温めることにより、前立腺やその周辺で見られる症状をゆるやかに改善することが期待出来るでしょう。

慢性細菌性前立腺炎になった時は、意識的に大量の水分を飲向ことで病変部の細菌を排泄指せる働きを期待出来るでしょう。

 

また便秘により症状を悪化指せる事もあるので、整腸に注意を払うことも大事です。さらに前立腺マッサージをすることで、分泌腺内にたまってしまった膿性分泌物を排出指せます。

 

射精からも同じ効果が得られるので、週1~2回行うように推奨している医師もいます。

 

 

 

診療機関での検査は肛門より指を挿入して行う直腸指診や尿検査・血液検査になります。

細菌感染の有無を確認する事で、細菌性前立腺炎と非細菌性前立腺炎とに判断されます。

前者後者どちらのケースも頻尿に残尿感、排尿痛や勃起障害の症状が出る場合もあります。

 

悪化を防ぐためにも少しでも違和感を覚えたら医療機関での早めの受診を必要とします。前立腺はほぼすべての男性で、加齢により大きくなる現象が認識されています。

外国人でも日本人でも関係なく、老化により増えていく事が知られています。

 

前立腺肥大は加齢により誰にでもなり得る症状です。前立腺肥大の原因は日々研究されていますが重大な原因として男性ホルモン(テストステロンが悪玉男性ホルモンである5αジヒドロテストステロンに変わってしまうことで、薄毛になってしまうといわれているのです)に係る事が分かっています。

 

 

 

欠かさずに食べた方がいい食品とは、前立腺肥大の抑止効果があるイソフラボンを有する大豆食品です。

 

 

 

そして、前立腺肥大を予防するテストテロンの分泌を促進する効果があるのが亜鉛です。ノコギリヤシのサプリメントが前立腺炎にいい理由

 

 

 

ミネラルである亜鉛を多く含む海藻類、レバーや牡蠣、ピーナッツなどの木の実も気を付けて摂取しましょう。前立腺炎の治療法については特効薬がないので、細菌を特定することが出来れば抗生物質などの処方がされます。

排尿痛などの自覚症状には、その痛みに対して抗炎症薬や鎮痛剤などを用います。再発を予防するためには根気強く薬を飲み続けることが必要です。

 

 

その症状によっては、セルニルトンや漢方薬などが投与されます。

慢性前立腺炎は身体的ストレスに加えて、精神的負荷も大きく関連しています。

 

痛覚や違和感が軽いと考えていると、下腹部辺りの不快感を我慢して、その不快感によりストレスをためる事となり徐々に症状が悪化するというおわりのない悪循環が起こり泌尿器科ではなく心療内科や精神科へ  治療に行かれる人もいます。