携帯はアルバイト
ホーム > 注目 > ディフェンス力の違いでした

ディフェンス力の違いでした

僕は大阪市内のプロのボクシングジムに通っていたんですが、
高校生の僕には、本当の基本の基本、例えば、足の幅は肩幅くらいとか、
ジャブはまっすぐに打つとか、ストレートは腰を回して打つとか、
そういうことは教えてもらえたんですが、細かいことは
特に教えてもらわずに、ひたすら何か月もサンドバッグを叩いていました。

対人でのマスボクシングとかミット打ちもタマにやらせてもらっていたので、
それなりに自信があったので、ちょっと腕試しという気持ちになって、
大阪府岸和田市のスタートラインボクシングジム
出稽古に行ってきました。

相手の選手はボクシングを始めて1年も経っていない同い年の
選手やったんですが、ショックなことにコテンパンにやられてしまいました。

スパーリング前に、相手のシャドーとか打ち方を見てたんですが、
全然強そうじゃなかったので、絶対に勝てると思ったんですが・・・。

終わってから色々会長さんに話を聞いてみたところ、
僕は、ディフェンスが全然ダメみたいです・・・涙。

確かに、連打で攻撃されたときに、パニクってしまって、
どうしようもなくなってしまうことに気付きました。

スタートラインの選手はジムでの練習の1/3は、ディフェンスの
練習に費やすそうです。

どうりで僕のパンチがあたらないはずで。

同じように手数を出しているのは、なんか僕のパンチは、ブロックされて、
相手のパンチだけが当たっていました。

で、会長さんが、ディフェンスのコツを伝授してくれたので、
これからは、自分なりにディフェンスにも意識を持っていくようにします。

でも、悩みは練習相手がいないこと。

ディフェンスの練習って一人ではなかなかできないんですよね。

いつものごとく、
親父に頑張ってもらうしかないか・・・。